マグネット印刷についての情報が満載です!

このサイトでは、屋外でも使えるタイプのマグネット印刷について紹介します。
人目に付く場所に貼っておけば非常に良い宣伝になりますので、中には社用車に貼るケースもあります。
費用もそれほどかけずに宣伝できるのがメリットですが、やはり雨への対策は必要となるため、雨に強い素材を使うのがお勧めです。
一度貼れば長持ちして費用対効果も抜群であり便利ですが、導入する場合には色褪せするのではないかという不安もあるようです。

屋外でも使えるマグネット印刷

屋外でも使えるマグネット印刷 宣伝のために、屋外でマグネット印刷を使うことがあります。
マグネット印刷というと屋内で利用するものと考える人も多いのですが、屋内では見る人も限定されてしまいます。
屋外にすることで、より多くの人の目に触れますので、手間もかけずに非常に良い宣伝になることは間違いありません。
施設での案内等にも使われることの多いマグネット印刷ですが、場所によって適した素材がありますので、屋外にする場合でも適した素材にすることが大切です。
たくさんの人が見るような場所に、人目を引くようなデザインのマグネット印刷を貼れば、会社の名前を憶えてもらうきっかけにもなりそうです。
最近では種類も豊富になっており、大きさも自由に選べます。

マグネット印刷は屋外の社用車やお店の宣伝に使える

マグネット印刷は屋外の社用車やお店の宣伝に使える マグネット印刷は、ホワイトボードや車両、冷蔵庫など消費者の目につきやすい場所に貼ることができるのが強みです。
それゆえ宣伝効果について高いものがあり、ノベルティとして広く用いられています。
販促グッズのポイントは、素早くユーザーに届けることです。
マグネット印刷は小ロットで注文可能なので、低料金で短期納品が実現されています。
屋外の社用車などにマグネット印刷のシートを貼れば、街を走るだけで自社の宣伝になるわけです。
バスなど公共の車両に貼ることで、キャンペーンなどの際の広告に利用できます。
常に新しい情報を告知できるので、リアルタイムに消費者に宣伝することが可能になるわけです。
何より、ペイントとは異なり、貼ったり剥がしたりが簡単にできるのがメリットです。
マグネット印刷は業務用に限らず、ノベルティやお店の土産、学校の教材などに活用できるのが強みです。
低コストで導入できるので、誰もが気軽に利用できるわけです。
最低1枚からでも注文できるので、オリジナルのグッズを作るのに最適です。
チラシなどの紙媒体では、ポスティングされても殆ど消費者に見られることなく破棄されるものです。
それに対してマグネット印刷であれば、冷蔵庫やスチール家具などに長期に保管される可能性が高まります。

マグネット印刷は様々なサイズがあるので用途で選ぼう

マグネット印刷は、プラスチックの板と磁力発生装置によって磁力を持たせることができる板を接着したものです。
このマグネット印刷は磁力を持っているので、鉄やアルミなど引っ付くことができるものがあれば簡単に貼り付けられます。そのためマグネット印刷のイメージとしては、冷蔵庫などのメモを挟むときに使うものという印象が強いです。
そんなマグネット印刷ですが、家庭用のメモを挟むときに使う以外にも様々な形で応用されています。その理由としてプラスチックの板と磁力を持つことができる素材を組み合わせた板なので、名刺ほどの大きさから画用紙レベルまでサイズを好きな風に変更させることができるのです。
例えば車愛好家の間では、マグネットの特徴を生かして好きな絵柄をフィルムを描いて貼り付けるステッカーに活用しています。
そのほかには企業にとって宣伝広告用に、商品の絵や説明文を入れることによって壁面や店内のいたるところに張り付けることでかつようしているのです。

専門店に依頼すると格安価格で高品質なグッズを作れます

マグネット素材を活用して、表面にシールなどの加工を施して販売促進グッズやノベルティグッズとして扱いたいと希望する会社や個人の方も存在しています。
マグネット印刷は自社にて素材を集めて制作する方法で、掛かる経費を少なくしようと考える場合も想定できますが、実際にはマグネット印刷の専門店に依頼をした方が1枚当たりの価格を引き下げることができます。
サイズや希望する素材により違いはありますが、専門店の場合は1枚当たり30円台から作ることができ、営業車の宣伝用として使うサイズでも1枚300円台から発注できるので、非常に安上がりで高品質なマグネット印刷を行うことができるのではないでしょうか。
専門店の場合は自主制作とは異なり、印刷法や加工法が優れているので、屋外利用の際にも耐候性に優れているので非常に安心です。
更に専門店はネット上で通販ショップ同様に受注をしていることから、実店舗に掛かる費用、営業スタッフを雇う費用をカットできるので、格安価格を実現できることも魅力的です。発注する時にもネット上で全てを完結することができる便利さがあり、デザインの入稿もオンラインで行えます。
専門店側が用意している定型から選べますが、フリーカットに対応する専門店もあるので、料金とサービスを比較しながら選べば質の高いマグネット印刷を安く済ませられるのではないでしょうか。

ノベルティでマグネット印刷を使うなら自由形がおすすめ

トイレつまりや水漏れトラブル、これらの修理を専門にしている会社や不用品回収を専門にしているリサイクル業者など一般の人々の集客を目的にしたマグネット印刷による広告を作りポストへ投函するケースが多くなっています。
マグネット印刷は、マグネットシートの表面に広告を印刷したもので、水回りのトラブルなどが起きたときのことを考えて連絡先として冷蔵庫のドアなどに貼り付けていると安心に繋がります。
これらの広告の多くは長方形の形状になっていてますが、ノベルティグッズなどでマグネット印刷を利用するときなど自由形タイプを使うと効果も倍増するのではないでしょうか。ホテルなどに宿泊したとき、連泊といったときには廊下側の扉部分に清掃を依頼するメッセージや起こさないで欲しいなどを記したカードを使うケースがあります。
これらもマグネット印刷を活用すれば扉に貼り付けて使うことができますし、金属との親和性が高いものなので外れるなどもなく安心です。

マグネット印刷でアート紙を選ぶと仕上がりがキレイ

マグネット印刷では、アート紙という種類の紙に印刷できる会社もあります。この紙は上質紙にコーティングが施されているのが特徴で、写真などを印刷するとキレイに見えるのが魅力です。
この紙へマグネット印刷をした場合、耐水性ではないため、室内での使用に限られます。そのため、室内にある冷蔵庫などに貼ってもらいたい会社やお店の宣伝用のマグネットを作りたい時には、この紙にマグネット印刷をしてもらうと良いでしょう。
マグネット印刷は、広告効果を期待して家庭に配布するマグネットの製作によく利用されています。
しかし、グッズとして販売したりプレゼントにすることもできるので、お気に入りのイラストや写真などでオリジナルのマグネットを作っている人もいます。
イラストや写真を印刷するなら、アート紙はツヤがありキレイに再現できるという特長がある点がおすすめですから、この紙への印刷ができる会社でマグネットを作ってみてはどうでしょうか。

屋外用タイプのマグネット印刷の特徴とは?

ポストに投函される広告の中には、名刺よりも一回り大きなもので裏側にはマグネットが付いている、冷蔵庫のドアなどにぺたっと貼り付けておけるなどのメリットを持つマグネット印刷の広告を目にするケースは多いのではないでしょうか。
水道トラブルや不用品回収などの広告で見かけることが多いマグネット印刷ですが、これらはいずれも室内で利用することを想定しており、屋外では使えないのではないだろうかなどの疑問を持つ人も多いのではないでしょうか。
マグネット印刷の中には屋外用タイプもあるのですが、室内とは環境そのものが異なりますので特殊な印刷になるなどのイメージになりがちです。特殊といっても屋外用ポスターなどで使用されることが多い、UVインクなどが使用されている以外はそれほど屋内用とは変わりはありません。
このようなマグネット印刷は、車のボディなどにも貼り付けることができるわけですから宣伝効果もさらに期待することができます。

マグネット印刷の用紙の1つ合成紙とはなにか

マグネット印刷の検討においては素材の選択が必要ですが、合成紙という名前を目にして気になる人も少なくないのではないでしょうか。
合成紙は一般的に合成樹脂、つまりプラスチックを主原料に作られる紙のことで、質感は紙に近く性質はプラスチックフィルムのような素材だと説明できます。
主原料がプラスチックですから、マグネット印刷に用いると高耐久性に期待できますし、紙のようで紙ではないので破れにくいといえます。発色性も良好で屋外における耐久性も優れますから、営業車に貼り付けるマグネット印刷に最適です
。水を吸わない素材なので雨濡れにも強く、汚れたら中性洗剤などを使って洗えるので、いつでも清潔で綺麗な状態を保てます。
車に貼り付けたままそのまま洗車できますから、洗車の度に養生をしたり、貼り直すといった手間やコストが避けられます。
このように、マグネット印刷はプラスチック素材との相性が良好で、屋外でこそ真価を発揮するといえるのではないでしょうか。

マグネット印刷を利用する際の納期設定のポイント

チラシや広告には様々な媒体がありますが、一般家庭用として利用される広告の1つとしてマグネット印刷を活用している場合もあります。マグネットを使用している広告になるので、冷蔵庫や玄関などにちょっと貼り付けておけるというのが特徴です。
直ぐに捨てられることなく保管されている事が多いので、広告にはとても大きな宣伝効果があるタイプとなります。実際にマグネット印刷での広告作成をする場合は、納期もしっかり考慮して利用する事が大切です。通常の紙の媒体とは異なるので、平均すると1週間程度の納期が必要という点を考慮する必要があります。
直ぐに活用したい場合は利用する日から逆算して、余裕をもって生産できる日程でのスケジューリングがポイントです。
サイズや製造枚数なども含めて、余裕をもって作業をすすめる事が重要になります。
余裕があるからこそ急な変更にも対応する事ができ、柔軟に仕事自体を進める事にもつながるので大切なポイントの1つです。

マグネット広告に関する情報サイト

マグネット印刷